飼猫・野良猫中央研究所

北洋祐のブログ。主に猫のこととスタートアップ・新規事業のこと。

IRkitで猫の熱中症対策

梅雨が明けて、びっくりするほど暑くなってきました。

我が家では、立地の関係で夏の昼間は異常なほど暑くなるので、猫たちのために外出時も弱めにエアコンを付けるようにしてます。でも、あまり言いにくい話ですが、ときどき付け忘れることもあります。

とくに、しばらく雨が続いて気温が下がってて、翌日急に晴れたときなど、油断してエアコン付けずに仕事に行ってしまうことが何度かありました。猫たちは無事でしたが、熱中症になってもおかしくない環境だったことは間違いない。申し訳ない。

(我が家のエアコンは古いので、タイマーは“●時間後に切れる”みたいな形で、その都度設定しないといけないのです。)

ということで、このような事態を抜本的に解決するため、テクノロジーに頼ることにしました。これです。IRkit。

 これも、とあるベンチャー企業が最近リリースした商品で、スマホを通して遠隔地からでも家電を制御できるという品物。で、買いまして、また次の日には現物が到着しまして、スマホにアプリを入れまして、エアコンを動かせるようにちょこちょこと設定しまして。

このような状況に。

f:id:kita_yoo:20150720125140j:plain

(この奥で青く光ってるのがIRkit)

 

f:id:kita_yoo:20150720132517p:plain

(IRkitの操作画面)

 

結果、、、問題なく稼働して、我が家の猫熱中症問題はほぼ完全に解決しました。めでたい。会社からでもどこからでも、今日は暑いぞ、と感じたらすぐに自宅でエアコンが入れられます。

あともう一歩進めようと思うと、「一定の温度になったら自動的にエアコンが付くようにする」というところでしょうか。このIRkit、オープンソースなので、温度計を組み込んだりとかもできるみたいなんですよね。でも、これを自分でやるとなるとけっこう大変かも。やってみようか、どうしようか。あ、でも、調べればもうやってる人いるかも。まずは、やってる人を探してみよう。

 

f:id:kita_yoo:20150720132952j:plain

(部屋が涼しくなったからと、真夏に日光浴を楽しむゴマ氏。人間がコタツでアイス食うような感じか)